トップイメージ

想像できずに突発的に出会うのが事故です。クレジットカード比較

この場面でどう作業する結果で、自動車の保険金の受け取りも差が出ることもありますので間違えない決断力と対策が大切です。

予測できないアクシデントに遭遇して気が動転してしまえば必要不可欠な事を見失ってしまい、それから自らが大きな損を被る場合も考えられるので乗用車の事故に巻き込まれた時には落ち着いて以下に述べる作業するようにするとよいでしょう。

車の事故に遭遇した状況でまずする必要があるのは怪我をした方の確認です。

乗用車の事故の後はパニックになって喪心状態になってしまう時があり容易に動くことができないのが当たり前です。

ですので、負傷した方がいた場合は危険が少ないところに運んでから処置をし、周りに助けを呼ぶなど人命第一に努めることが大切です。

119番に連絡する状況では適切な事故の場所を連絡し、分かりにくい状況では付近の目を引く建造物や町名を連絡し事故現場の位置が分かってもらえるようにします。

次に警察に連絡して、交通事故があった事、そして状況を説明します。

救急車とパトカーの到着を待っている時間に負傷者の情報を確認します。

氏名、住所、TEL番免許ナンバープレート、事故の相手側の保険会社などそれぞれのことをやり取りします。

この場面で事故の相手方にミスがあった状況ではその場でやり取りしようとする場合が考えれますがすぐに解決するのではなく、どういった時だとしても警察署や保険会社に連絡して確認してもらいます。

関係者の連絡先を伝えたら他の交通の邪魔にならないように邪魔な物を道の上からどけます。

もし障害となった物が他者の障害になっている時には、各々の情報を交換するより早くその作業を行ってしまっても構いません。

その後自身の自動車の保険会社に電話を入れ交通事故が発生したことを報告します。

自動車の事故から特定期間内で自動車保険会社に電話を入れておかないと車の保険の適用除外となる場合も想定されるのでなるべく時をおかずに電話を入れることが大事です。

事故の証拠として携帯電話のカメラ等を用いて事故や乗用車の破損の様子の写真を撮っておきます。

これは責任の割合決める時に証明となりますので己の車や先方の車の破損箇所を全部証拠写真として残しておくことが重要です。

この時に見た人がいたならば警察の人や保険会社が着くまで事故現場に待機して頂けるように頼むのも大事です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.ottawacoinclub.info All Rights Reserved.