トップイメージ

ここ数年総じてどの自動車損害保険の会社も料金釣り上げの傾向です。76-5-21

自動車保険が保険料を値上げしてしまうなどということになると直に私たちの生き方に甚大なインパクトを与えるのです。76-16-21

一体なぜ自動車損害保険が値上げをされるという事態になっているのか、おわかりでしょうか?説明として定説になっていることは、大きく捉えて2項目あるので、ご紹介します。76-2-21

まず最初にお年寄りの自動車持ちが年を追うごとに数を伸ばしていることがあります。76-10-21

自動車を保持しているのがごく当たり前の世の中になった故、お年を召した運転手も増加しています。76-7-21

さらに、我が国では高齢化を迎えつつあるということも加わってこれからどんどん高齢の自動車所有者が数を増やすことは間違いありません。76-3-21

老年期のであるならば、基本的に月々の掛金が安く販売されているので保険会社にとっては、あまり利点が存在しません。76-4-21

どうしてかと言うと保険料金が安価なのに事故を起こされてしまった場合採算の合わない額の保険金を被保険者に支払わなければならないという事情があるからです。76-8-21

その場合、損を強いられる可能性が極めて高くなるので自動車損害保険会社の立場から考えれば掛金を高額にしていくという手段に及ぶしかありません。76-19-21

さて、2個目の原因に挙げられるのは若い世代のクルマ所有に対する無関心です。76-13-21

お年寄りの自動車所有者は増えつつありますが、反対に若者は車に乗らなくなりつつあるのが現状です。

そのようなバックグラウンドにはどんな事情があるかと言うと電車・地下鉄・バスなどの移動に関するインフラの簡便さとお金に関わる問題なのです。

盤石な仕事に就職することができない若年層が多数存在するがために、自動車を手に入れることが難しいといった人も珍しくありません。

また、経済的に余裕があった一時代前の常識であれば自動車を所有していることがステータスだという社会通念がありましたが長年に渡る不況の結果のせいかそれがステータスなどとはあまり断言できなくなってきたというのは皆さんも実感しているかもしれません。

そういった理由で保険の掛金が老年期と比較して高額な比較的若い年代の被保険者が数を減らしていると考えられます。

そういった事情が考慮された結果、損害保険会社も値段釣り上げに向かわざるを得ないのだと言えるでしょう。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.ottawacoinclub.info All Rights Reserved.