トップイメージ

ノートPCの画面の前で止まることなく上下動しているマーケットを見ていると、どことなくエントリーをするという衝動が生じる方も多かったりします。1歳 ケーキ オーダー

だけど、なんとなく直感で売り買いをすることだけは絶対に避けてほしい。ホワイトヴェール

知っての通り、為替相場は四六時中、いかなる時でもいずれかの外国為替相場が関いているし、レートもいつでも動いています。

そうであっても、立て続けにエントリーを積み重ねるとその回数だけ損をする確率が高くなってしまいます。

確かにトレードの数を積む事で勝利する可能性が50%、50%になるのは周知の通りです。

しかしその事実は「明確でないアイデアで取引」してしまうこととは話が違います。

注文回数を増やすとは自分自身が「ここは!」と感じたチャンスを持ったケースでの売り買いの回数を重ねるという事です。

ただ、絶え間なく注文を繰り返すのとははっきりと異なります。

相場の駆け引きに敗北しないためには、意識してけじめをつけることこそが必要です。

「ここは勝てる」と思い至った為替相場の時には、覚悟を決めてポジションを積み増して集中して儲けを追求する。

「少し難解な為替相場で、どう動くのかわからないな」と考えた時は執着しないで所有ポジションをひとつも残さないで見切りをつけて静観します。

このぐらいのけじめがあったほうが結果的には売買は勝てます。

市場の金言には「休むも相場」というものがあります。

文字通りその通りです。

相場とは、ポジションを持つことが重要ではなく、どのポジションも持たないで静観していることもまた外国為替相場です。

それならば、どのタイミングで休みどきなのでしょうか。

最初に言われるのが前述の通り、直近の外国為替市場がはっきりと難しいときです。

今後上がるのか下がるのか見通せない時はヘタに動くと、あなたの作った脚本とは逆方向に相場が動いてしまい、損をする事になります。

だから、そのような時はポジションを無くして何もしないで静観を決め込むのがいいだろう。

ふたつめは、体の状態が悪いときです。

コンディションと市場に関係性はないと思う人もいるでしょうが実は思ったよりつながりがあります。

コンディションが変な時は外国為替市場の大切な状況で、正しい判断を下すことが出来ない場合が多くなります。

やる気がわかない時は、市場から遠ざかる事も肝心な事です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.ottawacoinclub.info All Rights Reserved.