トップイメージ

為替介入(外国為替市場介入)という言葉は知っていますか?日銀が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞、雑誌記事、テレビ、インターネットなどの報道で見られた方もたくさんいるでしょう。犬のしつけがQ&Aで分かる!

元より為替の介入とは日本の場合、◯大臣(財務大臣)為替のレートの沈着を実現するために施行するやり方として使われています。スチームクリーナー

簡潔に言えば、激しい円高、円安が発生すると財務大臣の指令が出ると中央銀行である日銀が日本円を売買して為替レートを安定化させる、というものです。

為替介入にはいくつかやり方があります。

1.単独介入・・・行政もしくは中央銀行(日本銀行)が東京市場の中で自ら市場に入って来て為替介入(外国為替平衡操作)をする。

2.協調介入・・・多くの銀行などが協議し、各々の銀行などが資金を駆使して同時あるいは時々為替介入を実施していく。

3.委託介入・・・海外の銀行などへ向けて為替介入(外国為替平衡操作)を依頼する。

4.逆委託介入・・・日本銀行が他の国の通貨当局と代わって為替の介入をする。

こんな方法です。

どの方法の外国為替平衡操作(為替介入)も一時的、連続的に為替に効果を与えるのです。

外国為替平衡操作(為替介入)の額は当然国家の威信をかけて行なうのですから段違いなのです。

円ベースで例えると、いつもは数銭ずつ変化するレートが突発的に数円ごとの変動をします。

個人投資家の人ならば過去に体験していると思うのですが、これまで利益(または損失)が増えていたポジションを持続していたところで、持っている保有高が決済となりましたといった情報がFX業者からEメールが・・・どれだけ利益が出たのかな(損失が出たのかな)?と考えながら決済情報を見たら、自分の中で期待していた事とは正反対の結果であり目を丸くしたとの例があったのです。

為替介入が行われた時に多く聞いた話です。

こういったことから介入が実施されると為替市場の流れとまったく逆の変化をするものです。

なおかつ変化する金額の範囲は大きく動くため気をつけましょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.ottawacoinclub.info All Rights Reserved.