トップイメージ

経験の浅い方向けのFX取引のテキストでは「損をした場合はナンピンしてポジションの平均を買い付けコストをコントロールする事が出来る」等助言されていますがそこには大きな罠がある。レバリズムl 最安値

最初に、ナンピン買いのロジックに関して手短に説明します。クラミジア原因性交渉以外

仮定として1ドル100円でドルを買ったとします。ひどい便秘

$(ドル)買いのため、円安に推移するほど利益が出るわけだが不幸にして1ドル=95円までドル安方向に触れたとします。

その場面でポジションを保持し続けたら利益がでるためには、円高になった分、円安が進まなければならない。

誰もが、マイナスは早く0にしたいと願います。

ここで最初に買ったのと同じ量のドルを、1ドル95円で売買します。

すると、ポジション全体の平均の買い付け単価は97円50銭まで抑える事が出来ます。

要するに、2.50円の幅で円安が進行すればマイナスを回復する事ができます。

これが、ナンピン買いの手法です。

こういうふうに、ナンピン買いの理論を目にすると「ごもっとも」と考えたりするが、相場はそう容易には思うようにはいきません。

最初から、95円が下限だとということなど誰にも分かりません。

仮に、相場が円高ドル安トレンドだったら95円では収まらず、一段のドル安になるリスクがある。

仮に、97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず1ドル95円まで円高になっとしたならば、ナンピン買いしたポジションについても、損失が生まれてしまいます。

そういう状況では初めに買ったドルと全部で、ダブルでマイナスが生じます。

例示したとおり、ナンピンは厄介です。

では、マーケットが自身のストーリー展開とは反対にすぐに行ってしまった場合、どんな手段で危機の確率をコントロールすればいいのでしょうか。

この場面では選べる選択肢は2つだけあります。

ひとつめは執着しないで損切りをすること。

ふたつめは、その時点で、自分か保持しているポジションを少なくする事によって市場が回復するのを大人しく待機する事だけです。

少し控えめなやり方だと考える投資家もいるkもしれません。

しかしながら、自分の買いポジションに損が生じた場合、危険の少ない手法はこれ以外にはありえません。

当然、理屈の上ではナンピン買いする対策もあると思います。

だがナンピンは、損をしている状態で、買いポジションを小さくするどころかそれとは反対にポジションを増やしていく方法である。

この手段では、危機をコントロールすることなどどこをどうやってもやりようがないと考えたほうがいいです。

ナンピン買いを続ければ最終的には儲けが出るかもしれません。

しかし、それ以前に資金は不足してしまいます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.ottawacoinclub.info All Rights Reserved.