トップイメージ
カードローンなどの支払い方法というものはローン会社の方針に応じてへだたりがあり、様々な方法が導入されております。類型的には残高スライド方法やリボルディング払い法が取り入れられているようです。斯うした多くの人が知ってるリボルディング払いですが実のところ算出様式には多くの様式があったりします。また其の種別により返済合計額が変わってきてしまいますので、理解することで損はないでしょう。しからば簡単にそれぞれの様式のギャップに関してを解説します。一つ目は元金均等払いで、次は元利均等払いというものです。両者はそう呼ばれているように元本について均等に返済していくというものと、元金と利息をあわせて均等に支払っていこうという形式になります。このケースでは10万円借り入れたと設定し、実際上どんな計算をするかやってみましょう。利分をいずれも15%と設定して算定します。更にリボルディング払いに関しての引き落としを1万円と設定して考えます。はじめに元金均等払いです。こうしたケースのはじめの支払いは1万円に利息分の1250円を加えた引き落とし額となります。その次の支払いに関しては1万円に利子分の1125円を足した返済へとなるのです。かくして総回数10回で返済を完了させるという方式になります。これに対して元利均等払いというのははじめの返済に関しては1万円で元本へ8750円利率に1250円という具合に割り振ります。次の返済については元本が8750円へと減った状態で利率を算定し1万円から再び割り振ります。別言すれば元利均等払いの場合は10回で支払いが終わらないといった計算になってしまうのです。これだけのギャップで両方がどれほど相違しているかたっぷりとわかってもらえたことかと思います。元利均等は元金均等に比肩し、元本が縮小していくのが緩慢というウイークポイントがあったりします。別言すれば利息といったものを多く出すということになります。一方では1回目の返済が少額で落着すると言う長所もあったりします。かくのごとき返済方法に関しての差異に応じて支払トータルというものは相異なってきますから自身の好みに合致する計画を採用するようにしてください。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.ottawacoinclub.info All Rights Reserved.